アルペンスキー撮影記

毎冬、ヨーロッパアルプスを中心に行われるアルペンスキーワールドカップの魅力を紹介していきます

ヘンリック・クリストッファーセン今季初優勝

f:id:shinfotograf:20180121231054j:plain

今季、SLはここまで全戦表彰台に立ちながら、その中央には一度も立っていなかったヘンリック・クリストッファーセンがとうとうそこに立ちました。

今季初勝利、ワールドカップ通算16勝目は、「常勝」マルセル・ヒルシャーの、ヘルマン・マイヤーと並ぶ54勝目を阻止。偉業をこの目で見ようと詰め掛けたオーストリアのファンの歓声をため息に変えてみせました。

f:id:shinfotograf:20180121233231j:plain

昨晩からの雪は、ときおり小降りになるものの、レース中も絶え間なく降り続きました。

1本目はそれほどでもありませんでしたが、2本目のクライマックスが迫るにつれ、横殴りの大粒の雪になり、視界を妨げるほどでしたが、クリストッファーセンはなんのその。

1本目マルセルに1.05秒つけたその差をほぼ守り、キッツビュールで常勝マルセルを止めてみせました。

f:id:shinfotograf:20180121234457j:plain

3位には自身初の表彰台、スイスのダニエル・ユーレ。昨日初優勝のドレッセンと同じ24歳です。

f:id:shinfotograf:20180121235453j:plain

50番スタートの大越龍之介は+5.15秒の49位で2本目に進めず。

「最終の平昌オリンピック選考レース」とされたハーネンカムSLですが、何やらJsportsの放送では皆川賢太郎理事は可能性はゼロではないというニュアンスでお話されたとのこと。

ゼロではないならば、「人事を尽くして天命を待つ」

次戦、火曜日のナイトレース、シュラトミングも20位以内を狙って快走をみせて欲しいと思います。

今季ワールドカップ初出場、全日本選手権GSで優勝し、平昌オリンピック行きを決めている石井智也はコース中盤を過ぎたところでコースアウト。

f:id:shinfotograf:20180122000205j:plain

この後はヨーロッパカップのGSとW-CUPガルミッシュのGSに出場予定です。

今回から佐々木明のサービスマンを務めていた伊東裕樹さんが帯同していますので、心強いと思います。月末のガルミッシュでの滑りに期待したいですね。

週を通して降雪予報で、ウェンゲンにいた頃はどうなることやらと思っていた第78回ハーネンカムレーネンでしたが、なんとかレースを無事行うことができました。

これも地元キッツビュールの開催にかける執念の賜物でしょう。大会関係の多くの皆様にお疲れ様ですと言いたい今年のハーネンカムレーネンでした。

私は今日はカメラマン仲間と軽く呑んで、明日、シュラトミングに移動します。

トーマス・ドレッセン、シュトライフを制しW-CUP初優勝 キッツビュール滑降 須貝龍53位

f:id:shinfotograf:20180120225321j:plain

ドイツの新鋭24歳、トーマス・ドレッセンがシュトライフを制し、ワールドカップ初優勝を遂げました。

2015年2月にザールバッハの滑降がワールドカップ初出場。それから今季で4シーズン、42レース目での快挙を成し遂げました。

f:id:shinfotograf:20180120225757j:plain

昨シーズンのクビットフィエルDHで6位、今季のビーバークリークDHで自身初の表彰台3位に立つと、ボルミオのACで5位、ウェンゲンDHでも5位、昨日のSGは15位、そしてとうとう今日、伝統の第78回ハーネンカムレーネンで表彰台の中央に立ったのでした。

16番スタート、地元オーストリアの今季好調ビンセント・クルリケマイヤーが7番スタートでラップに立ったベアト・フォイツを上回れなかったところで、今日はフォイツの優勝という雰囲気が漂いましたが、そのフォイツを0.20秒上回って、トーマス・ドレッセンがゴールエリアの大観衆を驚かせました。

f:id:shinfotograf:20180120230641j:plain

伝統のハーネンカムレーネン滑降での劇的で衝撃的、そして感動的な初優勝だったと思います。アルペンスキーレーサーにとって、これ以上の瞬間はおそらく他にないでしょう。おめでとうございます!

f:id:shinfotograf:20180120231055j:plain

両脇にスイスとオーストリアのベテランをしたがえての表彰台は格別でしょう。

次戦は地元ドイツ、ガルミッシュ・パルテンキルヘン。凱旋レースとなる27日の滑降がまた楽しみですね。

f:id:shinfotograf:20180120231432j:plain

昨日の時点で風邪が治りきっていなかった須貝龍とはインスペクションで会いました。「来年に備えトレーニングランのつもりで出ます」と出場を決行。

ドレッセンより2歳年上の須貝龍、58番スタートから+9.01秒の56位で見事、シュトライフを滑り切りました。

FISのサイトでは当時の記録は15位までしかなく、調べきれないのですが、日本人がキッツビュール滑降を滑りきったのは杵渕隆さん以来との情報がありますが、このブログの読者の方で詳しくご存知の方はぜひご遠慮なくコメントください。よろしくお願いいたします。

この「世界最怖」コースを滑りきった龍に大拍手を贈りたいと思います。

本人は「来年の為に」と言っていたので、来季以降のキッツビュールも「勇者」須貝龍に皆様の大きな応援、よろしくお願いいたします。

f:id:shinfotograf:20180120234442j:plain

最後の写真はハウスベルグカンテの入り口をインスペクションする須貝龍

www.sanspo.com

 追記:アトミックさんのフェイスブックに1987年の杵渕隆さん以来の完走と記事が出ています。杵渕さんと須貝龍との「歴史的」な握手も掲載されています。ぜひご覧ください!

 https://www.facebook.com/atomicsnowjp/?hc_ref=ARRx8ljHeYsOgFzBrfYZCY8juKy906ZsqOxatRq9fya5Y6OQAAJX2UOqQa3VKGZPUYU

スビンダル、キッツビュールにカムバック 須貝龍52位 SG

f:id:shinfotograf:20180120002550j:plain

アクセル・ルンド・スビンダルが今季3勝目、ワールドカップ通算35勝目をあげました。

ここキッツビュールは一昨年の滑降、ハウスベルグカンテでクラッシュし、靭帯断裂の大怪我を負った因縁のコース。

今日は昨日のトレーニングラン同様、そのハウスベルグカンテの上にゴールが設置され、スタートもマウスファーレの上。

ほぼ昨日のトレーニングランと同じコースにスーパーGのセットを立てて行われました。

それというのも、毎日の降雪もかなり湿っていて、気温も0℃前後をいったりきたり。コースをいい状態に保つのが難しい状況なのです。

2位には僚友、ケティル・ヤンスル、そして3位にマティアス・マイヤーでした。

f:id:shinfotograf:20180120003521j:plain

ゴールエリアがハウスベルグカンテの上なので、各選手滑り終えると、ウエアを羽織って本来のゴールエリアに降りてきました。

f:id:shinfotograf:20180120003644j:plain

おなじみジオの撮影ですが、なぜ上のゴールエリアに行かなかったのかカメラマンとしての彼の判断に疑問は感じますが、これはこれで本来のゴールにいなければ撮れない変わった写真なのでよしとしますか。笑

f:id:shinfotograf:20180120003823j:plain

ここ6年ほど、イタリアのペンタフォトチームと一緒に撮影をしていますが、時々、日本人との感覚の違いを感じて勉強になったりならなかったりです。笑

本来のゴールにいなければこんなウエア着て水持ったスビンダルは撮れませんから、ものは考えようですね。

f:id:shinfotograf:20180120004101j:plain

57番スタートの須貝龍は風邪が治らない中、そして濃霧の中スタートし、スビンダルから+6.23の52位。明日は欠場の模様です。

無事に完走し安心しました。

さて、明日も天気は曇りで時間によっては降雪もありそうな予報。

火曜日のトレーニングラン以来、保護してきたハウスベルグカンテを使っての本来の滑降が行われるか微妙な状況です。

ビブ54 マッテオ・マッサリアがラップ キッツビュール滑降トレーニングラン

f:id:shinfotograf:20180118215758j:plain

昨日のトレーニングラン2回目は降雪と選手休息の為、キャンセル。

今日も小雪が舞いましたが、ゴールをオーバーハウスベルグカンテに上げた短縮コースで最終トレーニングランが行われました。

ゴールから見える右足下がりのトラバース、このコースの「見せ場」でもあるハウスベルグカンテは雪を保護する為に閉鎖。

ゴールから見えるスペクタクルな見せ場はありませんでしたが、このコースを得意とするマッテオ・マッサリアが54番スタートからラップタイムを奪い別の意味でスペクタクルでした。

一昨日のトレーニングラン1回目も57番スタートから3位でしたので、土曜日も後ろからどこまで上位に食い込んでくるか注目です。

須貝龍は今日はスタートせず。おそらく風邪が治りきっていないのだと思います。よって、土曜日の滑降は出場しないでしょう。明日のSGも微妙です。

一昨日は脚に力が入らないと鼻声で言っていたので、ここは無理をして欲しくないところです。少しでも不安のある状態での滑降出場は、大怪我のもと。

特にここシュトライフは容赦なく、不安を持つ選手に襲いかかってきます。明日も無理しないでとこれからメールしたいと思います。

心配は龍だけではなく、天気も同様。

今日は小雪こそ舞いましたがレース途中で雪は止みました。しかし、明日も降雪予報です。なんとか無事に第78回ハーネンカムレーネンが行われることを祈ります。

インナーホッファーがラップ W-CUPキッツビュール滑降トレーニングラン

f:id:shinfotograf:20180116204106j:plain

ときおり青空ものぞきましたが、今にも降り出しそうな曇天下、第78回ハーネンカムレーネン滑降トレーニングランが行われました。

ラップタイムはクリストフ・インナーホッファー。

2位にスティーブン・ナイマン、3位に57番スタートからマッテオ・マッサリアが入りました。

毎年のことながら、私はここのスタート台に立つ選手たちに敬意を表します。

急斜面のスタート後、さらに先が見えないマウスファーレのジャンプに飛んでいく姿に毎回「クレイジー」と思わざるを得ないのです。

f:id:shinfotograf:20180116204620j:plain

写真はマウスファーレに飛び込むインナーホッファー。

須貝龍は74番スタートでしたが、私がスタートで撮っているとわざわざ私のところまで来て、

「スタートから見えたので」

「今日は風邪気味で脚に力が入らないので、滑りません」と報告してくれました。

細かい気遣いに感謝です。

f:id:shinfotograf:20180116204911j:plain

しかし、トレーニングランのスタートバーを一度でも切らないと土曜日の滑降に出場できないので、今日はウエアを着たままスタートバーを切り、すぐスキーを横にしてストップしてスタートの横からコースを出ました。

明日は降雪予報でおそらくトレーニングランは中止。

木曜日に風邪が治ってトレーニングランに出場できればいいですが、無理はしないで欲しいと思います。

そして、もう一つ、残念なニュースがあります。

左膝の痛みにより、大苦戦を強いられている今季の湯浅直樹ですが、帰国して療養と調整を行い、平昌オリンピックに備えることを決断しました。

よって、ここキッツビュールとシュラトミングは湯浅直樹は欠場します。

平昌オリンピックを左膝の痛みのない状態で迎える為に、本人も苦渋の決断をしました。

今季は滑りにキレがなく、失敗してもリカバリーに力が入っていないのを心配していました。

痛みは本人にしかわからず、湯浅はいつも痛みの話はしたがらないので、どの程度なのか計り知ることができず、無理をしているのではと心配していたのですが、これで逆に少し安心しました。

私は「勇気ある撤退」だと思います。

現状ではオリンピック前に国内でも調整練習を行う予定ですので、皆様の大いなる応援、励ましを彼にお願いいたします。

マルセル・ヒルシャー53勝 大越龍之介19位 W-CUPウェンゲン

f:id:shinfotograf:20180115002903j:plain

マルセル・ヒルシャーがウェンゲン初勝利、今季8勝目、ワールドカップ通算53勝目をあげました。

今日も晴天下のウェンゲン、1本目は全64選手中、25人がコースアウト。完走者は38人というサバイバルレースとなりました。

1位の指定席にマルセル、2位にアンドレ・ミューラー+0.35秒、3位にクリストッファーセン+0.59秒でつけました。

f:id:shinfotograf:20180115005615j:plain

50番スタートの大越龍之介はワールドカップの中でも最も難しいと言われるコースを攻め、+2.62秒の24位で2本目に自身初の進出。

左膝に痛みを抱える湯浅直樹は+2.97秒でしたが、なんとか30位でサバイバルレースを生き残り、2本目に進みました。

2本目は1番スタートの湯浅、コース前半で大きなミスを犯しましたが、なんとか下まで降りてきた!と思った瞬間、ゴール寸前で転倒、旗門不通過で今日も順位を記録することができませんでした。

f:id:shinfotograf:20180115010055j:plain

写真は旗門不通過で倒れこみゴールラインを切ってしまった湯浅直樹

苦しいレースが続きますが、今日のレースを終えてのスターティングリストは28位でかろうじて30位以内に踏みとどまっています。

試練を与え続ける神様が次戦キッツビュールでは湯浅に微笑んでくれるのを祈るしかありません。

湯浅を応援する皆様もおつらいでしょうが、一番つらい気持ちなのは本人だと思いますので、多くの皆様の励ましのメッセージを彼にお願いいたします!

f:id:shinfotograf:20180115010628j:plain

2本目7番スタートの大越龍之介は再びいい動きを見せ、ゴール時点では2位。私に向かって初のワールドカップポイント獲得のガッツポーズをくれました。

2018年1月14日、一昨日の須貝龍に続き、ここウェンゲンでまた「ワールドカップ選手」が誕生しました。

最終的な順位は19位。平昌オリンピック出場選手選考基準である20位以内2回の1回をクリアしました。

龍之介、ワールドカップ初順位19位、おめでとう!

f:id:shinfotograf:20180115011121j:plain

ワールドカップ出場21戦目、2009年1月ザグレブSL初出場から10年目での初ワールドカップポイント獲得です。

この10年、ナショナルチーム落ちを経験しながらも、常に前向きに自分の道を信じて歩んできた彼に結果が出ました。

もう一度、おめでとう!ですね。写真は1本目のインスペクションを行う大越龍之介。この時に19位になるとは予想さえしていませんでした。左はショーシこと、ゲオルグ・ヘオリゲルコーチ。

f:id:shinfotograf:20180115011919j:plain

2本目もトップ3の顔ぶれは変わらず、2位と3位が入れ替わってのマルセルが指定席に立ちました。

ヘルマン・マイヤーの54勝まであと1勝。来週の母国オーストリアでの伝統のハーネンカムレーネンで偉大な先輩に肩を並べる勝利数となりそうです。

私は今日はラウターブルネンに一泊、明日キッツビュールに移動します。心配は天気。週を通してずっと降雪予報です。

f:id:shinfotograf:20180115015311j:plain

最後の写真は伝統のウェンゲン、ラウバーホーンレーネンの記録にその名を刻んだ大越龍之介。

 

 

 

ベアト・フォイツ ウェンゲン滑降を制す 須貝龍54位

f:id:shinfotograf:20180114004706j:plain

快晴のウェンゲン、第88回ラウバーホーンレーネン滑降は雲ひとつない絶好のレース日和となりました。

地元のベアト・フォイツが1番スタートでリーダーズボードの前に立ったまま優勝。

今季2勝目、ワールドカップ通算9勝目をあげました。ウェンゲンは2度目の制覇となります。

写真は見事な青空をバックにフントショフを飛行するベアト・フォイツ。

2位は+0.18秒でアクセル・ルンド・スビンダル。

彼が3番スタートでフォイツを上回れなかった瞬間、冒頭の写真の下のミンチカンテに詰めかけた大観衆は地鳴りのような歓声をあげました。

3位にはソチオリンピック滑降金メダリスト、マティアス・マイヤー。+0.67秒でした。

f:id:shinfotograf:20180114005754j:plain

4270m、2分26秒滑ってのこの僅差が勝敗を分けることになる世界最高の戦い、今年も存分に多くの観客を楽しませたと思います。

部分的な最高速度は4位のハンネス・ライヘルトが記録した147km/h。

表彰台の3人のコース全体の平均時速は104km/hでした。

その表彰台はヘッドが独占です。

f:id:shinfotograf:20180114005959j:plain

61番スタートの須貝龍は平均時速99km/hで+7.41秒の2分34秒01で54位。

2回目のトレーニングランは2分38秒10でしたので、そこから4秒09もタイムを詰め、トップとのタイム差も1秒ちょうど縮めてみせました。

ナイスランだったと思います。

まだまだトップとはタイム差がありますが、確実に少しづつでもタイム差を詰めてジリジリと前進する須貝龍に来週も期待したいと思います。

来週はそう、あの世界最怖コース、キッツビュールのハーネンカムレーネンに出場です!

そして明日も晴天予報のSL。

今季未だ成績のない湯浅直樹と大越龍之介に日本からも熱い応援よろしくお願いいたします!

www.sanspo.com

 

 

ビクトール・ムファ・ジャンデW-CUP初優勝 須貝龍29位 ウェンゲンAC

f:id:shinfotograf:20180113005735j:plain

フランスの中堅、ビクトール・ムファ・ジャンデがワールドカップ初優勝を遂げました。

晴天下行われたアルペンコンバインド第2戦、ジャンデは滑降はトップから+2.55秒の27位につけ、SLは4番スタート。

時折、霧も出るなか行われたSLは49秒08とSL2位のロシア・パベル・トリキヒチェブを1秒近く引き離すダントツラップで大逆転。

f:id:shinfotograf:20180113010435j:plain

2015年に2位で初表彰台となったこのウェンゲンの地で再び表彰台、それも自身初の中央に立ちました。おめでとうございます!

f:id:shinfotograf:20180113010618j:plain

2位が3度、3位が2度とポディウム経験は豊富な28歳でしたが、ようやくその中央に立つ日がやってきました。

大本命、僚友のパンテュローが出場を見合わせたなか、フランスチームとしてはしっかりと彼の分も頑張った形となりました。

2位にはロシアのパベル・トリキヒチェブで、こちらも自身初のワールドカップ表彰台、3位はベテラン、昨季の滑降種目別王者ペーター・フィルでした。

f:id:shinfotograf:20180113011005j:plain

須貝龍は50番スタート。滑降は+4.44秒の54位につけ、

f:id:shinfotograf:20180113011434j:plain

SLは22位のタイムで合計+5.38秒の29位!

そう、須貝龍も自身初のワールドカップポイントを獲得しました!おめでとうございます!

f:id:shinfotograf:20180113012005j:plain

これで私が勝手に定める「ワールドカップ選手」の仲間入り。(私は勝手にワールドカップで順位を残してワールドカップポイントを獲得した選手をワールドカップ選手と呼んでいます)

2018年1月12日の今日、このウェンゲンの地で日本が誇る唯一のワールドカップ高速系選手として堂々と名乗りをあげました!

本人は「でも(トップと)5秒もありますから」といたって冷静でしたが、私の差し出した手をしっかりと握り返してくれました。

少しづつ結果を出しつつある彼のたくましさを年々会うたびに感じてはいましたが、それが形になって現れて本当によかったです。

明日は滑降。トレーニングランよりもさらに少しでもトップとのタイム差を詰めて欲しいと思います。

おそらく明日は真っ青な青空の快晴のウェンゲンとなるでしょう。その真っ青な青空バックに須貝龍の飛行を撮りたいと思います!

追記:あまり好ましいことではありませんが、近年、皆川賢太郎佐々木明湯浅直樹以外の男子選手がワールドカップポイントを獲得したのは2004年12月フラッハウSLの岡田利修さんまで遡らなければなりません。これに刺激を受けて、早く「第3の若手選手」が出てきて欲しいですね。

私の「戦友」の2代目後継者の共同通信社の記者の記事です。

www.sanspo.com

エイドリアン・テオーがラップ W-CUPウェンゲン

f:id:shinfotograf:20180112002850j:plain

時折青空ものぞいたウェンゲン、滑降トレーニングラン2回目も無事にフルレングスで行われました。

ラップタイムはフランスのエイドリアン・テオー、2分29秒69でした。

写真はウェンゲン名物、フントショフのジャンプの上の大きな270度近いロングターン。バックは左にアイガー峰、右にメンヒ峰です。

パソコンで見れば大きくなる写真も下記に掲載しますので、ぜひ雄大な景色をご覧ください。

Shinichiro Tanaka Photography

https://www.facebook.com/ShinichiroTanakaPhotography/

須貝龍は今日も74番スタート。

f:id:shinfotograf:20180112004518j:plain

昨日より1.84秒速い2分38秒10。テオーから+8.41秒の70位でした。

写真はご覧のように気まぐれな雲の演出でわずかにアイガー峰の右肩が見える程度になってしまいました。

この写真に記録されているデータでは14時32分。スタート時間が12時30分ですので、2時間待っての、そしてインスペクション開始時間からすると5時間後のスタートです。

長い時間、集中力を保つのも滑降選手に必要なことなのでしょう。

明日はアルペンコンバインド。

30位以内に入って自身初のワールドカップポイントを獲得するチャンスは大いにあると私は思います。

f:id:shinfotograf:20180112005421j:plain

上の写真はインスペクションを行う須貝龍。

明日は10時30分にスタート位置を上の写真のすぐ左上に下げての滑降と、14時からのSL1本の合計タイムの勝負です!

 

 

 

ハンネス・ライヘルトがラップ W-CUPウェンゲン

f:id:shinfotograf:20180111002526j:plain

曇天下、第88回ラウバーホーンレーネン滑降トレーニングランが行われました。

ラップタイムは冒頭の写真、ハンネス・ライヘルト。

2位にペーター・フィル、3位にベアト・フォイツでした。

写真はもう少し高く、長く飛ぶといいなと期待して決めた撮影場所でしたが、思ったより高く飛ばずで自分の中では選択ミスの部類。

納得のいく写真になりませんでした。

ウェンゲンも15年目の撮影ですが、まだまだ勉強が足りませんね。

f:id:shinfotograf:20180111003237j:plain

74番スタートの須貝龍は自身初めてスタートからゴールまで4270mを滑り、+8.44秒の65位。2分39秒94で2分40秒を切りました。

ゴール後の龍と登山電車の途中駅で会えました。

やはり「足にきた」そうで、トンネルを超えて長い緩斜面に入ったところで脚が疲れていると感じたそうです。

須貝龍は一昨年初めてウェンゲンに出場。

しかし、トレーニングランは天候の影響で本来のスタート位置からスタートできなかったり、スタートできても濃霧でトンネルの上までのトレーニングランだったりで、一度もフルレングスのコースを滑った経験がありませんでした。

昨年は滑降は悪天候で中止、一昨年はコンビのみの出場でしたが、今年はいよいよ滑降に出場です。

現状、土曜の天気予報は晴天ですので、今日初めてフルコースを滑って充実した顔を見せてくれた龍に期待したいと思います。

下の写真もアイガー、メンヒ、ユングフラウ峰の前をインスペクションする須貝龍

f:id:shinfotograf:20180111004437j:plain