アルペンスキー撮影記

毎冬、ヨーロッパアルプスを中心に行われるアルペンスキーワールドカップの魅力を紹介していきます

ウェンゲン スーパーコンビ

f:id:shinfotograf:20180313142930j:plain

今日予定されていたスラロームはスーパーコンビに差し替えになり、オーストリーのマリオ・マットが久々に優勝を遂げました。

スーパーコンビはダウンヒル(滑降)とスラロームを1本ずつ滑り、合計タイムで順位が決まります。

4種目全てに出場するオールラウンダーが有利とされていますが、今日のように特にスラロームを得意とする(スペシャリストといいます)選手が勝つことも稀にあります。

今日のマリオ・マットの勝因は、ダウンヒルが霧のためコース距離が短くなったことでトップと3秒以内につけられたことと、得意のスラロームでコースが荒れるまえに自分のパフォーマンスを最大限に発揮できたことと言えるでしょう。

明日はフランスに移動します。

相変わらず気温は下がりません。心配です・・・。