アルペンスキー撮影記

毎冬、ヨーロッパアルプスを中心に行われるアルペンスキーワールドカップの魅力を紹介していきます

ケティル・ヤンスルがラップ W-CUPウェンゲンDHトレーニングラン

f:id:shinfotograf:20180109175029j:plain

昨日は悪天候が予想されたため、前日のキャプテンミーティングでトレーニングランのキャンセルが決定。

ワールドカップを1969年から撮影されている大先輩、薬師洋行さんと、スキーグラフィックで写真を発表、連載されている村山眞史大先輩のアパートにお誘いいただき、アルコール込みのおいしい昼食、夕食をいただいて楽しい時間を過ごしました。笑

今日は真っ白な空の曇天でしたがトレーニングランの終盤に青空が少しのぞきました。

スタート位置をフントショフの上に設置した2回目のトレーニングラン、ラップタイムはケティル・ヤンスル。(冒頭の写真)

2位に一昨日のラップ、金メダリスト、マティアス・マイヤー、3位に地元スイスの09-10シーズン総合チャンピオン、カルロ・ヤンカでした。 

f:id:shinfotograf:20180109175127j:plain

スタートの写真はマルコ・トラパッティさん撮影です。

明日はスーパーコンビ。

現地10:30(日本時間18:30)にDH、14時(同22時)にSLの予定です。

今日、撮影を終えて、ゴールエリアまで滑って降りようと思ったのですが、毎年滑れるコース脇に雪が十分でなく、途中でコースが閉鎖されていました。

仕方なく、SLコース上にかけられているリフトの下りに乗ってゴールエリアまでたどり着けました。

f:id:shinfotograf:20180109175213j:plain

そしてそのSLコースはご覧のよう。普段はゴール近くの山小屋の右側が2本目のコースになるのですが、今年はそこに雪がなく、土が露出しています。

明日以降は降雪の予報ではありますが、右側のコースを使用することはないでしょう。

そして、日曜に予定されていたSLは土曜に、DHを日曜にスケジュールを入れ替えて行われます。みなさま、SLは土曜の18時30分1本目開始(日本時間)に変更になりましたので、ご注意ください!

追記:Ski Racing誌によると、ボディ・ミラーは日曜のDHに選手としては出場せず、前走としてラウバーホーンレーネンに参加するとのこと。また、アキレス腱断裂で戦線離脱中のアクセル・ルンド・スビンダルは本日、雪上復帰を果たしました。その滑走動画を見ましたが、本人はおそらくかるーく流しているつもりでしょうが、かなりなスピードのロングターンで滑っていらっしゃいました!笑