アルペンスキー撮影記

毎冬、ヨーロッパアルプスを中心に行われるアルペンスキーワールドカップの魅力を紹介していきます

フェリックス・ノイロイター、レッドビブ奪還 W-CUPウェンゲンSL

f:id:shinfotograf:20180109174259j:plain

湿った雪が降り続いたウェンゲンSLはフェリックス・ノイロイターが今季2勝目、W-CUP通算11勝目をあげ、レッドビブをヒルシャーから取り返しました。

1本目ではそのヒルシャーをはじめ、26人がコースアウト。荒れたレースとなりました。

私の撮っていた冒頭の写真のところでも内倒で手をつき、そのままコースアウトした選手が何人もいました。

1本目のセットそのものも難しかったのでしょうが、かたい下地が露出したり、溝ができたりと場所によってコースコンディションが大きく異なり選手を苦しめました。

f:id:shinfotograf:20180109174407j:plain

2位には前戦で初優勝をとげたステファノ・グロス、3位にクリストッファーセンでした。

撮影はGiovaniです。

1本目ラップをとったマティアス・ハルギン、4位だったフリッツ・ドッファーともに初優勝はならず。

「真に強い者が勝つ」ことを改めて示してくれた今日のレースでした。ワールドカップで勝つことはそう簡単ではないーそれも再確認した戦いでした。

湯浅直樹は23位。「得意?」の30番ギリギリで2本目進出を果たし、前戦アデルボーデンから順位をふたつあげました。

f:id:shinfotograf:20180109174450j:plain

写真はスタート直前の湯浅直樹。Giovani撮影です。

そして2本目の51秒60は3番目のタイム。少し、結果が出てきたかなという感じでしょうか。

本人と2本目のインスペクションで少し話ましたが、

「ださい滑りしかできないです」ともどかしそうでした。

「(1本目)前半はよかったのですが、急斜面に入る手前の緩斜面からゴールまでポジションが安定せずに行けなかったです。」とも語ってくれました。

なかなか自分の身体と「行く」気持ちがマッチせずに、攻めきれないレースが続いていますが1月のこの時期、アデルボーデン、ウェンゲンと連続してポイントをとったことは確実な「前進」だと私は思います。

次のキッツビュールはぜひ10位台に入って、本人も言うように少しずつ、じわじわと、トップに這い上がっていって欲しいと思います。

明日は第85回ラウバーホーンレーネン滑降です。予報では好天。ワールドカップ最長コースでの熱い戦いに注目です!

f:id:shinfotograf:20180109174541j:plain

最後の写真もGiovani撮影。勝利が決まってちょっと「おちゃらけ」表情のフェリックスです。