アルペンスキー撮影記

毎冬、ヨーロッパアルプスを中心に行われるアルペンスキーワールドカップの魅力を紹介していきます

2015ビーバークリーク世界選手権開幕

f:id:shinfotograf:20171201183425j:plain

2015ビーバークリーク世界選手権、初日の今日は女子DHトレーニングランが行われました。

予定の10時30分開始を降雪により13時30分まで延ばして、無事1回目のトレーニングランを消化できました。

インスペクションは8時30分から9時30分で、選手たちは長時間、集中を強いられる一日となりました。

ラップは地元アメリカ、ステイシー・クック。2位に同タイムでララ・グットとノルウェーのランヒル・モウインケルでした。

注目のリンゼイ・ボンは4位。

冒頭の写真はスタート前にスキーを履くリンゼイ。

実はこの写真、こちら側には大勢のカメラマンが砂糖に群がるアリのようになってます笑。

というのも、今日は「コース内、カメラマン立ち入り一切禁止令発令」でしたので、スタートハウスの後ろは大勢のカメラマンが陣取ることになったからです。笑

あまりにもリンゼイに「たかって」いたので、ボランティアの係の人に注意されながらも、なんとかスタートハウスの後ろ姿も撮れました。

下の写真は2位、ララ・グッドのスタート直前です。

f:id:shinfotograf:20171201183516j:plain

明日は女子SG。NHK BS1で4日(水)朝9時から放送です。再放送もその夜9時からですのでお見逃しなく。

追記:今日のトレーニングランを映像で確認したところ、リンゼイ・ボンはゴール前50mほど、立ち上がって流してゴールしていました。それでトップと0.62秒差でしたので、普通にクラウチングしてくれば楽々ラップタイムだったかもしれません。

 

再追記:明日は女子SGですが、そのレース後、男子DHトレーニングランの1回目も行われます。

そのスタートリストに11番でスビンダルの名前があります!

確かに今日はトレーニングコースで滑ってはいましたが、アキレス腱断裂の回復具合はどの程度か、もちろんレースに出て支障はないくらいは回復しているとは思いますが、雪上復帰がつい最近だっただけにDH出場か、SGのみか、注目です。