アルペンスキー撮影記

毎冬、ヨーロッパアルプスを中心に行われるアルペンスキーワールドカップの魅力を紹介していきます

ティナ・マゼ金 2015ビーバークリーク世界選手権女子DH

f:id:shinfotograf:20171201180926j:plain

ティナ・マゼが自身3個目の世界選手権金メダルをゲットしました。

今日も快晴のビーバークリーク、女子DHは地元アメリカのリンゼイ・ボンに期待が集まりましたが、ティナに1.65秒はなされての5位は「勝負あり」でした。

銀メダルはアンナ・フェンニンガー。SGとの2冠まであとわずか0.02秒でした。そして銅メダルはララ・グッド。美人さん3人が表彰台に並びました。 

f:id:shinfotograf:20171201180952j:plain

女子DHはなかなかいい撮影ポジションがなく、今日の撮影場所決めには少し悩みました。おまけに女子の運営は毎度のこと?ながら、カメラマンには厳しく、コース内にはFIS役員といっしょに「ご一行様」でないと入れず、ゆっくり構図を練るひまもありません。笑

f:id:shinfotograf:20171201181016j:plain

昨晩イメージしていた、ゴール前のジャンプの後ろ姿を、スタンドの観客をバックに今日は撮ってみました。ちょっとおしりが強調されすぎましたかね。笑

冒頭の写真はアレッサンドロ撮影のいわゆる「青空抜き」の定番写真です。無難にいくなら今日はこの場所でした。笑

さあ、明日はいよいよ男子DH。

左肩が心配されたケティル・ヤンスルも無事今日のトレーニングランには出場し2位。「超人」スビンダルも11位につけています。

ボディが出場しないのは残念ですが、ケティル・ヤンスル自身初の金メダルなるか?注目です!

f:id:shinfotograf:20171201181049j:plain

最後の写真はゴールでラップタイムを確認し、舌を出して喜ぶティナ・マゼ。表彰の写真とあわせてマルコ・トラパッティさん撮影です。