アルペンスキー撮影記

毎冬、ヨーロッパアルプスを中心に行われるアルペンスキーワールドカップの魅力を紹介していきます

W-CUP最終戦メリベル 男女DHトレーニングラン

f:id:shinfotograf:20171201170430j:plain

しらじらと夜があけようとしてしていました。

私はまだ薄暗い6時20分にリフト乗車。6時30分過ぎには多くのコーチとともに、「コースインスペクション」を開始しました。

写真はコーストップからの早朝の「おフランス」の山々。笑

昨日お昼にミラノを発って、ペンタフォトの親分、アルマンドの車に同乗させてもらって4時間、私にとって初のメリベルに到着しました。

なにせ初めてのコースなので、スタートからゴールまで、「撮影ポジションのインスペ」が必須事項で、トレーニングランの今日、それを実行できました。

それは各選手も同じらしく、男子は前走1番がダヴィデ・プワゾンだったこともあってか、スタート後半の選手はコース中盤でその滑りを見てからスタートに向かっていました。

f:id:shinfotograf:20171201170521j:plain

コース途中でコーチ陣と出場選手がレースを見てる図なんて、なかなか撮れない「傑作」です!笑

(写真左からFIS男子現場の親分、マルクス・ワルドナーさん、クラウス・クローウェル、ゲオルグ・シュトライトベルガー、そしてコーチのみなさま)

おまけに気温が高いこともあって、男子トレーニングランスタートは8時45分。我々カメラマンは7時30分までに撮影ポジションを決めて、そこから女子トレーニングランが終わるまで動かないように厳命されました。

今回の最終戦も男女同一コース。数カ所、ポールの位置が違うくらいでスタート、ゴール位置ともに男女同じです。

f:id:shinfotograf:20171201170620j:plain

よって、男子はそこそこな写真ですが、女子は「なんだかなー」な写真になってしまいました。

写真は男子ラップのディディエ・デファーゴ、下は同じくラップのリンゼイ・ボン。昨日TR6位のタイムだったアンナ・フェンニンガーは今日は出走しませんでした。 

f:id:shinfotograf:20171201170643j:plain

明日の本番はまた別のところで撮ってみようと思います。

最後の写真は観戦されていたティナ・ワイラーターのお母様。(中央)

f:id:shinfotograf:20171201170708j:plain