アルペンスキー撮影記

毎冬、ヨーロッパアルプスを中心に行われるアルペンスキーワールドカップの魅力を紹介していきます

スビンダル再び W-CUPバルガルディナDH

f:id:shinfotograf:20171123190123j:plain

今日もアクセル・ルンド・スビンダルが勝ちました。

それまでラップタイムでリーダーズボードの前で僚友の滑りを凝視していたケティル・ヤンスルはアクセルがゴールするなり、「かなわないな、こりゃ」とばかりに肩をすくめてみせました。

他を圧倒する強さです。

今日はコース途中で大ビジョンが見えるポイント、通称キャメルジャンプで撮影。

今年のジャンプは高く鮮やかにというよりは、低く鋭くという表現がぴったりな飛翔でした。

その2人に割って入ったのはフランスのギエルモ・ファイエ。

レイクルイーズで4位、ビーバークリークで3位、そして今日2位と一歩一歩、順位をあげてきました。初優勝は目の前と言いたいところですが、「アクセル次第」と注釈がつきそうです。

f:id:shinfotograf:20171123190156j:plain

今日はヘッドの表彰台独占でしたね。写真はマルコ・トラバッティさん撮影です。

6位にはアメリカのブライス・ベネット。57番スタートから先輩スティーブン・ナイマンを抜いて同国トップ選手となりました。23歳、これから楽しみですね。 

f:id:shinfotograf:20171123190222j:plain

撮影はアルマンド・トラバッティさんです。

さて、これから一般道で峠を超えて、お隣のアルタバディアに移動します。

明日はグランリサでGS、石井智也が出場し、あさってはゴール前の400m、20秒ほどの長さを使ってナイトパラレルGS(32人出場)が行われます.

結果として残ってはいませんが、今季の智也は可能性を感じさせる滑りをみせてくれています。

「ただ2人」の日本人として今月のW杯を取材し続けている大先輩の田草川嘉雄さんによれば、アルタバディアのGSで2本目に進んだ日本人は「未だ一人もいない」とのことですので、その大きな壁を突き破ってほしいものです。 

f:id:shinfotograf:20171123190321j:plain

ゴールで歓声にこたえるアクセルはアルマンド・トラバッティさん撮影です。