アルペンスキー撮影記

毎冬、ヨーロッパアルプスを中心に行われるアルペンスキーワールドカップの魅力を紹介していきます

雪のクラニスカ・ゴラ

f:id:shinfotograf:20171118160649j:plain

ラニスカゴラに到着しました。

ここ数年では記憶にないほどの降雪で、コースにも雪はたっぷりのようです。

写真はプレスセンターやキャプテンミーティング会場のあるホテルコンパスのフロント。

明日金曜日はガルミッシュのキャンセル分GS、土曜日にGS、そして日曜にSLです。

3月に入っていよいよ、2015-16シーズンのワールドカップも佳境に突入ですが、一昨日リンゼイ・ボンが今季終了というニュースが報じられました。(フランスの通信社、AFPの記事を日本の時事通信社が翻訳し掲載したもの)

アルペンスキー女子のリンゼイ・ボン(31)=米国=が2日、先週末のワールドカップ(W杯)で負傷した膝の治療のため、今季残りのW杯を欠場することを明らかにした。自身のフェイスブックで「現在、総合首位に立っているので、キャリアでも最も難しい決断だった」とコメントした。

 ボンは女子W杯歴代最多の76勝をマーク。今季は9勝を挙げ、総合得点でララ・グート(スイス)に28点差をつけている。(AFP時事)

ボン、今季残りは欠場

総合優勝争いでトップに立っていたリンゼイですが、あと今季レース残り3会場というところで無念の欠場となりました。左膝の骨折は一カ所のひびだけに留まらず、数箇所見つかったようで、これ以上レースに出場するのは困難と判断したとのことです。

これで、女子総合チャンピオンはララ・グートの手に渡る可能性が高くなりました。

また、skiweltcup.tvによると、イビッツァ・コステリッチがクラニスカゴラを最後に引退すると報じられました。

Karriere-Ende von Ivica Kostelić steht bevor

度重なる怪我を乗り越えて、2011年に総合優勝とSL種目別優勝、2002年にSL種目別優勝を成し遂げた「不屈の男」、イビッツァ。

彼の最後の勇姿、逃さずに撮りたいと思います!