アルペンスキー撮影記

毎冬、ヨーロッパアルプスを中心に行われるアルペンスキーワールドカップの魅力を紹介していきます

コーネリア・フッターW杯初優勝 W-CUPレンツァハイデSG

f:id:shinfotograf:20171118154041j:plain

23歳、オーストリアのコーネリア・フッターがW杯初優勝を遂げました。

少し雲が漂うレンツァハイデでしたが、そこそこ気温も下がり、絶好のコンディションで女子スーパーGは行われました。

フッターは今季目覚ましく頭角を現してきた高速系を得意とする新鋭で、滑降を含めると今季6度表彰台を経験していますが、とうとう今日、7度目のポディウムが自身初の中央に立つ日となりました。

ワールドカップ初優勝おめでとうございます!

f:id:shinfotograf:20171118154111j:plain

表彰の撮影はおなじみGiovanniです。

SGの種目別優勝争いはトップのリンゼイ・ボンに、今日の5位でララ・グッドが19ポイント差に迫りました。

また、あと1レースを残してリンゼイと80ポイント差ある今日の優勝者、コーネリア・フッターと今日4位で84ポイント差のティナ・ワイラーターにも逆転種目別女王のチャンスがあります。

終戦女子スーパーGは白熱の女の戦いが展開されそうです。

一方、クビットフィエールで行われた男子DHはドミニク・パリスが優勝。

10位のペーター・フィルが同ポイントでトップのスビンダルに並び、今日勝利したドミニクが2位につけその差4ポイントです。

男子ダウンヒル種目別チャンピオン争いはアッズーリの戦いになりそうです。(ケティル・ヤンスルとアドリアン・テオーにも種目別チャンピオンの可能性は残されています)

明日のレンツァハイデは女子SGとSLのアルペンコンバインドです!

f:id:shinfotograf:20171118154200j:plain

最後の写真もGiovanni撮影、ゴールで歓喜のコーネリアです!