アルペンスキー撮影記

毎冬、ヨーロッパアルプスを中心に行われるアルペンスキーワールドカップの魅力を紹介していきます

クリストッファーセン圧勝 湯浅直樹14位 アデルボーデンSL

 f:id:shinfotograf:20171109000824j:plain

 ヘンリック・クリストッファーセンがアデルボーデンSL連勝、今季3勝目をあげました。

 夜半に降った雪は車の上に15cmほど積もっていましたが、朝には止み、レース開始前には少し日差しもさしてきました。

 しかし、1本目、4番スタートのマンフレッド・メルグが滑り始めると、下から突然ホワイトアウトさながらの濃霧がコース全体を覆ってしまいました。

 600mm望遠レンズで写真を撮っても、何が写っているのかわからないほど。

 しかし、レースは続行。

 冒頭の写真のように3番スタートのクリストッファーセンがラップを奪い、3位のノイロイターが1.27秒差、6番スタートのヒルシャーも1.60秒離されて6位となってしまいました。

 この時点で優勝争いは2位に0.38秒差でつけた木曜日ザグレブの勝者、マンフレッド・メルグとの一騎打ちの様相となって、3位に誰が食い込むかが焦点となりました。

f:id:shinfotograf:20171109000859j:plain

 湯浅直樹もゴール後、全く前が見えなかったと語りながらも2.82秒遅れの12位につけ、2本目は一桁前半を狙って滑りましたが、気負いもあったのか、内倒を何度かこらえながらの滑りでゴール時点3位で点を仰ぎました。

 ちなみにこの湯浅の写真は望遠レンズをやめ、かなり近くまで寄って200mmレンズで撮りました。(苦笑)

 ザグレブに続き河野恭介も63番でスタートしましたが、コースアウト。

f:id:shinfotograf:20171109000930j:plain

 来週ウェンゲンは出場できるかどうかわかりませんが、この2レースで何かを得られているといいなと思います。

 レースは結局ヘンリックが2位メルグに1.83秒差をつけて圧勝。3位には「表彰台を外さない男」ヒルシャーがしっかり入りました。

f:id:shinfotograf:20171109000957j:plain

 湯浅は今日の14位でスターティングリストをまた一つ上げ26位。来週は25番スタートとなるでしょう。スタンディングも11位タイとまた一つ上げました。

 このまま確実に順位を重ね、ワールドカップポイントを積み重ねていけば、シーズンが深まるにつれ、第一シードが自然と近づいてくることになります。

 次戦はソチオリンピックシーズンに右足かかとを骨折した因縁のウェンゲン。ワールドカップ屈指の難コースを攻略してほしいと思います。

 また、スロベニアマリボルで行われた女子SLには長谷川絵美と新井真季子が出場し、2人とも途中棄権。優勝はミカエラ・シフリンでした。

f:id:shinfotograf:20171109001056j:plain

 写真は新井真季子。マルコ・トラバッティさん撮影です。

 それでは、私はこれからウェンゲンの定宿、ラウターブルネンのホテル、オーバーランドまでA4で移動します。

 ウェンゲンは火曜から予定されていたDHトレーニングランが降雪予報のため水曜日からに変更になっています。

 2日間、しっかりと休んで水曜からのラウバーホーンレーネンに備えます!

f:id:shinfotograf:20171109001138j:plain