アルペンスキー撮影記

毎冬、ヨーロッパアルプスを中心に行われるアルペンスキーワールドカップの魅力を紹介していきます

フランスチームが金 サンモリッツ世界選手権 チームイベント

f:id:shinfotograf:20171022001033j:plain

 今日も見事に晴れ渡ったサンモリッツ、チームイベントが行われ、フランスチームが金メダルを獲得しました。

 冒頭の写真はアレクシ・パンテュロー。

 惜しくも決勝で敗れて銀メダルはスロバキアチーム、銅はスウェーデンチームでした。 

f:id:shinfotograf:20171022001054j:plain

 スロバキアは準決勝で地元スイスチームを負かす、男女ともに素晴らしい滑りを見せ、スウェーデンのハルギンとミューラーはゴール前緩斜面は両手でフラッグにパンチング逆手で入り、迫力のあるレースを見せてくれました。

 明日は予備日で休養日。ゆっくり休んで、木曜日からの技術系レースにそなえます。

 実はここまで、友人のカメラマン2人が靭帯断裂の怪我を負って、サンモリッツを後にしました。

 一人はフランス人でテレビハンディカメラのコードをスキーを履いたまま飛び越えようとして転倒して、一人はオーストリア人でアイゼンをコースネットに引っ掛けて転倒しての怪我でした。

 アイスバーンを滑落したわけでもないのですが、些細なことで撮影を継続できない怪我を負い、人事でないと私も強く感じています。

 選手はもちろん、カメラマンも身体を張ってると言えるかもしれません。

 実は私も2013シュラトミング世界選手権では、平らなアイスバーンで転倒して右肩を脱臼した経験があるので、最近はより慎重に自分の動きに注意して撮影にあたっています。

 あと4日間、しっかりと撮影できるように、疲れを取りたいと思います。では、また木曜日に。

f:id:shinfotograf:20171022001158j:plain