アルペンスキー撮影記

毎冬、ヨーロッパアルプスを中心に行われるアルペンスキーワールドカップの魅力を紹介していきます

ビブ54 マッテオ・マッサリアがラップ キッツビュール滑降トレーニングラン

f:id:shinfotograf:20180118215758j:plain

昨日のトレーニングラン2回目は降雪と選手休息の為、キャンセル。

今日も小雪が舞いましたが、ゴールをオーバーハウスベルグカンテに上げた短縮コースで最終トレーニングランが行われました。

ゴールから見える右足下がりのトラバース、このコースの「見せ場」でもあるハウスベルグカンテは雪を保護する為に閉鎖。

ゴールから見えるスペクタクルな見せ場はありませんでしたが、このコースを得意とするマッテオ・マッサリアが54番スタートからラップタイムを奪い別の意味でスペクタクルでした。

一昨日のトレーニングラン1回目も57番スタートから3位でしたので、土曜日も後ろからどこまで上位に食い込んでくるか注目です。

須貝龍は今日はスタートせず。おそらく風邪が治りきっていないのだと思います。よって、土曜日の滑降は出場しないでしょう。明日のSGも微妙です。

一昨日は脚に力が入らないと鼻声で言っていたので、ここは無理をして欲しくないところです。少しでも不安のある状態での滑降出場は、大怪我のもと。

特にここシュトライフは容赦なく、不安を持つ選手に襲いかかってきます。明日も無理しないでとこれからメールしたいと思います。

心配は龍だけではなく、天気も同様。

今日は小雪こそ舞いましたがレース途中で雪は止みました。しかし、明日も降雪予報です。なんとか無事に第78回ハーネンカムレーネンが行われることを祈ります。