アルペンスキー撮影記

毎冬、ヨーロッパアルプスを中心に行われるアルペンスキーワールドカップの魅力を紹介していきます

石川晴菜36位で2本目へ メルグがラップ 平昌オリンピック女子GS

快晴のヨンピョン、今日はほぼ無風といっていい絶好のコンディション、ようやく女子GSがスタートしました。

1本目のラップは1番スタートのマニュエラ・メルグ。

2位にミカエラ・シフリンが+0.20秒でぴったりとつけています。

32番スタートの石川晴菜は+5.87秒の36位で2本目も滑ります。

石川晴菜1回目36位「今できることはできた」/アルペン - 平昌冬季五輪2018 - SANSPO.COM(サンスポ)

コース内で撮影を中断して送った滑りの写真のうち、1枚がサンスポさんですでに掲載されています。

コメントを読むと、さらに2本目に期待したいと思わせる内容です。

20位台前半を目指して、ゴーゴー晴菜!

 

2本目はミカエラ・シフリンがマニュエラ・メルグを上回り、自身初のオリンピック金メダルを獲得しました。(すいません、前回ソチSLも金でしたね)

女子大回転で石川晴菜33位、米国シフリンがV/アルペン - 平昌冬季五輪2018 - SANSPO.COM(サンスポ)

サンスポさんのこのページの写真はすべて共同通信配信、つまり私が撮影したものです。

オリンピックに限らずサンスポさんはいつもアルペンスキーの記事が早いので感謝です。

今日は今までが信じられないくらいの無風状態のヨンピョンでした。明日も風が吹かないことを祈ります。明日は安藤麻が出場です!

余談ですが、昨日は渡部暁斗の銀メダル獲得を撮影しました。

信濃毎日新聞さんの15日21面の大きな写真は私撮影でございます。

また、岩手日報さんの15日31面の永井のゴールと渡部の万歳も私撮影です。

ご購読されていらっしゃる方はもう一度ごらんいただければうれしいです。